美ボディ女優

スタイル抜群の美ボディ女優が実践するダイエット法・美脚法・美容法など女優別ダイエット情報サイト。by女優の美容法&健康法 知恵袋

since.2003

2014・2013年にご紹介した長澤まさみさんきれい情報

2014・2013年にご紹介した長澤まさみさんきれい情報

商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。お買い物される際には、必ず商品ページの情報を確認いただきますようお願いいたします。また商品ページが削除された場合は、「最新の情報が表示できませんでした」と表示されます。

 

2014年

 

1年中美白ケアをする。
毎日使うからこそ肌に優しい日焼け止めを厳選。
ビーバンジョア 薬用UV美白エッセンシャルベースを愛用。

 

長澤まさみさん愛用メイク下地・日焼け止め

ビーバンジョア UV

ビーバンジョア 薬用UV美白エッセンシャルベース

 99%以上紫外線を遮断する日焼け止め。
美白効果&保湿効果もある。

 

ここ最近ずっと使っているスキンケアコスメは、アクセーヌ ホワイトシリーズとフランシラ。
フランシラは100%植物性原料で肌に優しいので、使い心地が良く香りも良い。
アクセーヌは大人気だけに抜群の安定感があり、どちらもメイクさんに薦められて愛用中。

 

長澤まさみさん愛用スキンケアコスメ

アクセーヌ ホワイト

アクセーヌ ホワイトエマルジョン ディープモイスチュアC(化粧液)

角質層をみずみずしく、しなやかに潤すビタミンC誘導体<APPS>配合の化粧液

アクセーヌ ホワイト エマルジョン セルアップジェルW-CP(薬用美白ジェル状美容液)

水分65%のみずみずしい感触のジェル状美容液。
メラニンの過剰な生成を抑える有効成分ビタミンC誘導体を独自技術を採用して、カプセル化。

アクセーヌ ホワイト エマルジョン セルアップアイ(目もと用ジェル状美容液)

目もとを保護する水分60%ジェル。
明るい目もとへ。

アクセーヌ ホワイト エマルジョン エッセンス(美容液)

サラッとした肌なじみのよい美容液。
デリケートになっている肌に負担をかけずに効果を届ける。

アクセーヌ ホワイト エマルジョン ディープモイスチュアCマスク (化粧液含浸シートマスク)

ホワイトエマルジョンディープモイスチュアC(化粧液)をたっぷりと含ませた、シート状マスク。

 

クレンジングはシュウ ウエムラですっきり。

 

もともとむくみやすく、お酒を飲んだり、仕事で一日中立ちっぱなしだと脚が痛くて眠れない。
でも安心環ソフトというむくみに効く、遠赤外線のバンドを少しキツめにつけて寝れば、翌朝スッキリ脚になっている。

 

むくみは大敵なので、撮影前は早く寝る。
以前通っていた漢方の先生が首と名のつく部分は冷やしちゃだめと言っていたので、首・手首・足首の温めケアを実践中。
冷えとむくみがとれる、遠赤外線で身体を温める、安心環ソフト(七星)も愛用中。
これを巻いて寝ると、翌朝脚がワンサイズ細くなる気がする。
温めケアを始めてから、身体が冷えにくくなったし、朝起きた時に手足がむくまなくなってきた。
熱めのシャワーで首を温めることも。

 

長澤まさみさん美脚アイテム

七星 安心環ソフト


安心環ソフト

遠赤外線やマイナスイオンを放出する、特殊なコンシャスファイバーを採用。冷え性やむくみに効果的。

 

美容液のミストをたっぷり全身にかける。
贅沢だが効果抜群。
肌にスーと馴染み、しっとりうるうるになる。
乾燥する季節にお薦め。

 

よく行くエステの人や、ヘアメイクさんに薦められたボディケアコスメを積極的に試す。 

 

髪がすごく傷みやすいので、美容院のトリートメントにマメに通う。
ドライヤーでしっかり乾かすことも大事。

 

THREE フルボディエマルジョンACを愛用。
お風呂上がりにたっぶりつけて保湿する。

 

今はSansボディーオイルが一番のお気に入り。
THREE フルボディエマルジョンACも好き。
Laura Mercierボディクリームはシリーズ全部大好きだが、中でもクレームブリュレは本当に良い香り。

 

ボディケアコスメもナチュラルなオーガニックが好きで、今はトリロジーを愛用。
トリロジー ローズヒップオイルはボディの色素沈着が気になる所につけると代謝をサポートしてくれ、くすみがとれて明るくなる。
trilogy(トリロジー) アロマティック ボディトリートメントオイルは、お風呂上がりのマッサージに愛用。
トリロジー ハイドレーティングボディクリームは、オーガニックラメ入りなので外出する前に愛用。
トリロジー ファーミング ボディローションは、肌が明るくなる優れ物。

 

長澤まさみさん愛用ボディケアコスメ

トリロジー


トリロジー ローズヒップオイル

種からボトル充填まで全工程が国際オーガニック認定の人気No.1美容オイル。
皮膚の若返り効果も抜群のピュアなローズヒップオイル。
肌のハリや柔軟性に欠かせない必須脂肪酸(EFA)を70%以上含む。

trilogy(トリロジー) アロマティック ボディトリートメントオイル

 ハーブの香りが心地よい。肌のコンディションをアップ。

 

ボディもフェイス同様、柔らかくて赤ちゃんみたいな肌が理想。
毎日のお風呂あがりに、Sansソンズ アクティベーター7 ボディーオイルをたっぷり全身に塗る。
内側からの弾力とハリがアップするのを実感。
甘い香りも超タイプ。
べたつかないのにすっごく潤い、肌が柔らかくなる。

 

白湯が大好き。
飲み物の中で一番好き。
身体は冷やさない様にしている。

 

昔は大好きだったラーメンが、今はまったく食べたくなくなった。
アサイーやヘルシーフードがすごく気になるが、好きな食べ物はお肉。
今は鶏肉が特に好き。

 

山形のだしとお豆腐の組み合わせにハマッていて、それに卵や納豆、薬味をいっぱい入れて食べる。
ヘルシーで美味しい。 

 

スクワットと腹筋は毎日する。
きちんと筋肉を動かせば汗がでるので、お風呂に入る前にするのが習慣。

 

白米やパスタ、うどんなどの炭水化物はほとんど食べない。
もともと炭水化物はあまり得意ではなかったが、最近炭水化物が身体に合わない人もいると聞き、より食べなくなった。
代わりにお豆腐や納豆、おそばをよく食べる。
健康でないのはいやなので、食べ物は身体に合っていることが大前提。
グルテンフリーは消化が良くなり体調が良くなる。
無茶な食事制限も身体に良くないのでしない。
赤身の肉は筋肉がつきやすくなり、代謝アップにも効果的。
たんぱく質は積極的に食べる。
肉を食べた方が痩せやすくなる。

 

グルテンフリーとは?

小麦食品を食べないこと。パンやパスタ、うどんなど小麦食品をやめて自然に痩せ、きれいになろうという、海外セレブに人気のダイエット食事法。
(グルテンとは小麦・大麦・ライ麦に含まれるたんぱく質の一種。グルテンは食欲をつかさどる中枢を刺激し、食欲が増す作用があると言われ、小麦に含まれるでんぷんは白砂糖より血糖値を急上昇させると言われている。)

 

ジムで筋トレを始めた。
筋肉痛がおさまってからジムに行くのが、効率的に鍛えるマイルール。

 

バレエの姿勢をイメージする。
常に上の方へひっぱられているようなイメージを持つ。
身体を綺麗に見せるには姿勢と仕草が一番大事。
もちろん歪みを改善する努力やバランスのとれた食事や運動も大事。

 

よくする簡単ストレッチは脚を横に持ち上げる運動。
骨盤の位置を正すのに効果的。
まず身体を横に倒し、上体をやや起こし、両腕で支える。
そのまま片足を伸ばして持ち上げ、7秒ほどキープする。

 

首筋から肩のライン、鎖骨の位置、二の腕から脇、バスト、背中からウエスト、お腹周りやお尻の形、太もも、脚の形、足首のしまりなど、全身360度身体をチェック。
特に引き締めて筋肉をつけたいのは二の腕と太もも。
理想の身体を思い描くことが美ボディへの第一歩。
肌がつるつるで、髪がサラサラの健康的で生命力が強そうな女の子が理想なので、運動して身体の内側から綺麗になりたいという気持ちが強い。

 

身体を洗うのは固形石鹸派。
すっきり清潔な洗いあがりが好き。
たっぷり泡を作って手で身体を洗うのが日課。
週1くらいでタオルでしっかり洗う。

 

ケアが行き届いた美しい手元になりたいので、uka nailoil 18:30を愛用。

 

 

 

 

 

2013年

 

美容のために豆乳とプロテインを飲む。
プロテインは美味しい。

 

メイクを落として寝るなど、基本的なことができるように努力している。
普段から湯船に浸かる。
一番お気に入りの美容法は、お風呂に日本酒を入れること。

 

自宅でよく作るのは、野菜の和風ポトフ。
キャベツ、じゃがいも、プチトマト、セロリ、ベーコンまたはソーセージ、あごだしで作る。
朝ご飯はフルーツとヨーグルトやご飯とお味噌汁などシンプルなもの。

 

シートマスクで肌にご褒美をあげる。
今年はロケですごく焼けてしまったから、冬は美白を頑張る。
パックはシートマスクが手軽で好き。
アクセーヌ ホワイト エマルジョン ディープ モイストCマスクは、肌の内側から明るさと透明感がでる。

一番愛用歴の長いコスメは、ACSEINE AD コントロールローションACSEINE アクセーヌ ミルキィジェル ADなどのアクセーヌのスキンケアライン。
優しい香りと優しい使い心地に惚れ込んでいて、私の癒しコスメ。

最近、エイジングケアを始めた。
アクセーヌ フューチャーサイクル クリーミィセラム (クリーム状美容液)は、化粧水後のクリーム状美容液。
濃密な潤いでハリと弾力アップ。
年中無休で紫外線対策をする。
ACSEINE マイルドサンスクリーンは保湿力があり低刺激。
無香料が信頼できる。

 

小麦を抜いたグルテンフリー派。
食べ物は前菜系でお腹いっぱいにするよう、心がけている。
A型は鶏肉が合うと聞いたのでよく食べる。
好きなものを食べたいだけ食べてストレスは溜めない。
ただし、食べ方は野菜から先に食べて、その後は三角食べが基本。
できるだけ控えているのは小麦。

 

A型は鶏肉が合う?

血液型別ダイエット・食事法で、農耕民族を祖先にもつA型は穀物と野菜中心の日本の伝統的な食事が身体に合い、肉類を消化するのが得意でないため、脂肪の少ない鶏肉が良いと言われている。
ちなみにB型は遊牧民族を祖先に持ち、身体に合う食事もA型とは違うとのこと。

 

毎日ジムには通えないから、トレーナーさんに教えてもらった下半身のストレッチを毎日、お風呂に入る前にする。
すっきりして、冷え性が改善された。
仕事で自宅以外の場所で過ごす時は、自炊したりホテルのジムで走ったりして、コンディションをキープする。

 

毎日お風呂上がりに鏡でボディラインをチェックし、体重もまめに計る。
0.5キロくらいのちょっとした変動に気付いた時に、微調整するのが大切。
少し食べすぎたと思ったら、鶏肉などの良質なたんぱく質と野菜をたくさん摂る。
なるべく野菜から先に食べる。

 

ボディケアはシンプル。
お風呂は40度くらいのお湯に半身浴で20分浸かるのが日課。
身体を洗う時は基本的に手で洗い、週に1回ほど普通のタオルで汚れをしっかり洗う。
身体を手で洗うようになってから乾燥しづらくなった。

 

ボディクリーム命。
クラランス ストレッチマーク ボディ クリームは、美味しそうな香りが好き。
肌の弾力を保ちながら、もっちりボディに仕上がる。
ローラメルシエ ホイップトボディクリーム フィグはリッチで官能的な香り。
はりのある肌へ整えてくれる、 こってりめのテクスチュアが好き。

 

一番好きな飲物は白湯と水。
温かい飲み物で内側から温める。

 

肘、かかと、膝はボディクリームでとにかく保湿。
ボディクリームはどんなに疲れていても、毎日全身にくまなく塗る。
脚には冷えが大敵なので、血流を良くすることと冷やさないことが大事。
身体を温めることは年中無休で意識している。
普段から腹巻きをして、お腹を冷やさない。

 

デコルテのケアは一番大事。
顔に使うスキンケアコスメをデコルテまで伸ばして、しっかりケア。
デコルテがきれいだと全体が華やぐ。
日焼け止めは毎日、顔からデコルテまでしっかり塗る。

バストはブラジャー選びが最も大切。
洋服を綺麗に見せたいので、シンプルな下着が好き。

 

自分の身体の中で好きなのは脚。
脚がまっすぐなのは、できるだけ正座しない環境で育ててくれたことが大きい。
脚組みも脚の形のために良くないので、しないように心がけている。
脚の形を決めるのは普段の姿勢。
歩き方と姿勢が身体の形を作ると思う。

 

好きなコスメは、内側からふっくらした唇になる、クリスチャン ディオール アディクトリップ マキシマイザーにハマッている。
波瑠ちゃんに教えてもらった。
くちびるのコラーゲンの生成を促し、潤いもアップ。
赤リップはぽんぽんとカジュアルに塗るのが好き。
トムフォード リップカラー10を愛用。

 

アイラインは上のみキワだけ。
そのかわりマスカラで目のフレームラインを際立たせる。
メイクのポイントはメリハリ重視。
眉をいじらない。まつ毛をあげすぎない。
そのかわり、ベースはしっかり塗る方が好き。

 

クレ・ド・ポー ボーテ タンナチュール サティネは、映画やドラマの撮影でも愛用中。
透明感のある、なめらかなツヤ肌になる質感が大好き。
長時間使っても本当にニキビができない、24hコスメ スティックファンデーションは普段使いしている。ずっとつけていても、全然にニキビができないのがすごい。

 

香りはユニセックスな香りが好き。
NY発のルラボはフレッシュな香りが魅力的で、ネロリとサンタルを愛用。

美容のためにヨナナスメーカーで、フルーツを食べる。
生のフルーツを凍らせて、アイスフルーツを作る。
美味しいのはバナナとりんごといちじく。

 

 


最新情報 長澤まさみの美容法&ダイエット法TOPはこちら

過去分2005年~2012年 長澤まさみの美容法&ダイエット法はこちら

 

 

 

 

 

このエントリーをはてなブックマークに追加

»