美ボディ女優

スタイル抜群の美ボディ女優が実践するダイエット法・美脚法・美容法など女優別ダイエット情報サイト。by女優の美容法&健康法 知恵袋

since.2003

維持期とは?体型維持で体重定着!

減量期で体重を落とせば、次に維持期がやってきます。


減量期で体重を落とせば、次に維持期がとても重要。維持期をちゃんと知らないとリバウンドします。

人間の脳の構造から食事制限は続いて2~3カ月が限度。

だからダイエット(減量期)と維持期はセットなんです。



2ヶ月間減量期を頑張れば、維持期に入るのがダイエットのコツ。

維持期とは?


減量期を終えて、体重を維持する維持期にはほぼ食事を元に戻して下さい。


この食事制限をやめるのも維持期のポイント、リバウンドしないコツです。


心配しなくても自分の太り癖をきちんと把握して、減量期を過ごしていれば、食事制限をやめても瞬時にドカ食いしてしまう・甘いものばかり食べてしまうということはありません。


減量期で、今まの太り癖が直ってしまうんです。


その代わりに、維持期は運動でカバーするのが大事です。

維持期=簡単な運動



減量期は食事制限・維持期は運動


運動はつらい割には消費エネルギーが少ないので、体重が落ちにくいんです。


だから体重を減らしたい減量期は、食事制限をして体重を落とします。

2ヶ月の減量期が終われば、維持期で運動をしてその体重を維持します。



体重を落とす時は多くのエネルギー消費が必要ですが、体重を維持するのは少しのエネルギー消費で可能なんです。


食事制限はしなくても、簡単な運動だけでリバウンドしない。


維持期の運動メニュー 減量期2カ月で5キロやせた場合

  • ウォーキング30分
  • ジョギング10分
  • サイクリング20分
たったこれだけの簡単な運動ができないから、人はリバウンドしてしまう・・・


まるで、おじさんおばさんの健康維持のため運動メニューみたいですね。
これがダイエットになるんです。



体重維持には言い訳を利用!


太る人というのは運動習慣がない人が多いです。


リバウンドを防ぐ維持期の運動を続ける方法とは?


なぜ運動が続かないのか?運動習慣のない人に理由を聞いてみました。

  • 今日は暑いから。寒いから。など気候&気分の問題
  • 花粉が飛んでいるから外出したくないので運動できない。など外出できないという問題
  • 歩くと腰が痛くなる。など身体の問題
などなど、様々な言い訳、様々な理由で運動を続けられない・・・。



じゃあ運動を続けるにはどうすれば良いか?というと

運動を続けるために、みんなが得意な言い訳を利用すること!


人の脳は言い訳を考える時にもっともクリエイティプになるんです。
→遅刻した時の言い訳は次々に浮かびます。


運動する理由を考えてもなかなか浮かんでこないですが、自分が運動しなくなるような状況は何だろうと、言い訳をたくさん考えます。その言い訳に対して


1つ1つ対策を打つのが、最も確実な方法です。


運動をしない理由が「雨が降っているから運動できない」という言い訳の場合

  • 対策① 室内で運動する
  • 対策② 家の掃除をする
  • 対策③ デパートを歩く。




対策をノートに書き出す


運動できない言い訳を考えて、その対策をノートに書き出してみましょう。

外で運動できなくても、ウォーキング30分と同等の消費エネルギーをもつ床磨き26分・お風呂掃除26分をすれば良いだけです。


そしてカレンダーに運動ができたかどうか、日付に○×をつけて、できなかった日の言い訳とその対策をカレンダーに書き込みましょう。



こうしていけば、運動できない理由がなくなる!。




運動すると体が痛い人は?


運動すると体が痛い人は、歩き方を工夫する必要があります。


ドローインウォーキング!

身体に負担をかけずに効率的なウォーキングができる方法です。



ドローインウォーキングとは?

おへその下あたりを意識してへこませて歩く運動。
イメージは細いデニムを履く時に下腹部をへこませるような感覚で歩く。この時、自然に呼吸をしながら歩くことがポイント。



ドローインでお腹をへこませることで、骨盤や背骨に負担がかからないような姿勢に安定します。


歩く時の身体のバランスが良くなるため、腰痛やひざ痛の予防・改善効果があります。



だからドローインウォーキング


歩き方で消費カロリーはかなり変わります。


ドローインウォーキングはお腹のインナーマッスルを使うので、

40%も消費カロリーがアップするというデータもあります。


だから何気なく歩くのはもったいない!。最初は慣れるまで、ドローインウォーキング10歩から始めてみましょう。



ドローインウォーキングをして、疲れたら途中でお腹の力を抜いてもOKです。

続けることが大事なんです。



維持期にはドローインウォーキングが最適なので本当にお薦め。


維持期は基本的には一生続けるものです。
でも2カ月間続ければ習慣化し、努力せずに自然に続けることができますよ 。



最後に 減量期は食事制限・維持期は運動


でも体重が減った後は人は疲れているので、減量期から運動も一緒に始めると尚良いでしょう。
できればの話です。。。


ダイエットに頑張り過ぎは絶対だめ!。

頑張りすぎるとほとんどの人がリバウンドします。人間とはそういうものです。


①減量期は2ヶ月間 運動はせず、食事制限のみ(太り癖を直す)

②維持期は一生 食事制限はせず、簡単な運動を続ける。




減量は5キロじゃ足りない、

10キロくらい減らしたい!という人は「偽りの希望症候群」に陥ると言われています。


人は高い目標を立てるとそれだけで脳が満足してしまい、想像するだけで良しとして、ダイエットが続かない事が多いということです。


だから10キロ以上減らしたい場合は2回に分けて、5キロずつ減らすのがお薦めです。

【一回目の①減量期②維持期で5キロ、二回目の①減量期②維持期で5キロ=計10キロ】




減量期と維持期の理論をきちんと理解して、実践すればリバウンドせずにダイエットできます!。以上。




痩せる生活 太り癖を治せ!
維持期とは?太り癖を治せ!







美ボディ女優の美容法&ダイエット法TOPはこちら






このエントリーをはてなブックマークに追加